通水管|<カジノ法案>自民、参院委採決を省略へ

参院自民党は、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)を14日までの国会会通水管期内に成立させるため、参院内閣委員会で難波奨二委員長(民進党)が13日の採決に応じない通水管合、委員会採決を省略して本会議に持ち込む「中間報告」を行う調整に入った。 参院通水管閣委は12日、カジノ法案に関する参考人質疑を行う。その後、自民党は13日の委員会採決を通水管指しているが、与野党の合意はできていない。民進党の蓮舫代表は9日、「カジノ法案は一度廃通水管にして出し直すべきだ」と記者団に語り、カジノ法案に反対する考えを重ねて示した。通水管自民党は、難波氏が委員会採決を認めなければ、13日か14日の参院本会議で中間報告を行い通水管採決に踏み切る構えだ。内閣委員長を自民党に差し替えて採決する案もあるが、強引に成立させ通水管イメージがより鮮明になる可能性があるため、多数意見にはなっていない。【飼手勇介】