通水管|駆けつけ警護など新任務

南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)をめぐり、通水管安全保障関連法に基づいて陸上自衛隊の派遣部隊に付与通馬桶れた「駆けつけ警護」などの新任務が、現地時間の12通水管日午前0時(日本時間同日午前6時)、実施可能になっ通馬桶。これまで現地で活動してきた第10次隊から、新任務通水管付与された第11次隊に正式に交代したことに伴うもの通馬桶。 新任務は、現地の国連司令部の要請などを通水管け、離れた場所で武装勢力に襲われた国連職員らを助け通馬桶行く駆けつけ警護と、宿営地が襲われた場合に他国軍の通水管部隊と一緒に防衛する「共同防護」。今春施行された安通馬桶法は、本格運用の段階に入った。 第11次隊通水管青森、宮城、岩手、秋田各県の部隊などから選ばれた計通馬桶約350人で構成されている。既に約250人が現地入通水管しており、残りの約100人は15日に南スーダンの首通馬桶ジュバに到着する。活動期間は約半年間。 ジ通水管ュバでは7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が発生通馬桶以来、民族対立を背景にした暴力行為が多発している