通水管|大隅良典さん、賞金で若い研究者を支援す

ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典さんは、授賞式通水管から一夜明けた11日、およそ1億円の賞金を、若い研究者通馬桶支援する基金の設立に使う考えを明らかにした。東京工通水管大学の大隅栄誉教授は「本当に研究者になりたいけれど、家通馬桶事情が許さないというような人がサポートできたら一番いい通水管かなと」と話した。大隅さんは、およそ1億円(800通馬桶スウェーデンクローナ)の賞金を元手に、研究者を支援する通水管金を作る考えを明らかにし、授賞式後の家族の反応について通馬桶「(わたしが)とちらないか、転ばないか、階段でつまずか通水管ないか、家族ってそういうもんで、まあ終わってホッとした通馬桶ていうのは、わたし以上かもしれません」と話した。ま通水管、大隅さん夫妻は、この日、ストックホルムの日本人の補習通馬桶を訪問し、小中学生に「謎を解くことが科学者の仕事。疑問通水管を持ち続けて」と話した。子どもは「(どんな感じの人通馬桶と思った?)んー優しい!」と話した。「親に怒られま通水管たか」という子どもの質問には、「親がいつでも正しいわけ通馬桶はないので、それを励みにして」とエールを送っていた。