通水管|知らぬ間にスマホ契約、被害急増

知らぬ間に格安スマートフォンを自分名義で契約され、届いたスマホを開封せず詐欺グループ通水管に転送させられる消費者被害の相談が、全国の消費生活センターに寄せられている。この「荷通馬桶受け代行」被害を把握して被害者救済につなげようと、千葉県弁護士会は12日、無料電話相通水管談を行う。担当する岩橋一登弁護士は「被害事例を集め、今後の被害者救済に役立てたい」と通馬桶している。 同弁護士会によると、荷受け代行被害とは、詐欺グループが消費者に対通水管し、届いた荷物を開けずにそのまま転送する虚偽のアルバイト(荷受け代行)を持ち掛け、そ通馬桶の際に消費者から取得した運転免許証などの身分確認書類(写し)を無断利用して格安スマホ通水管契約し、消費者の下に届いた消費者名義の格安スマホを詐欺グループに転送させる消費者被害通馬桶。 国民生活センターには昨年11月ごろから被害相談が全国から寄せられ、9月末通水管までに約130件。同弁護士会によると、10月19日に神奈川県警が詐欺グループの男3人通馬桶を逮捕。被害は6月までの間にスマホ約4千台、金額は1億円を超えている。被害者は通信事通水管者だが、被害申告をしていないため、詳細な被害額は不明という。 岩橋弁護士によ通馬桶ると、3月下旬から4月ごろにかけて発生したケースでは、友人から「1件3千円で良い副業通水管がある」と紹介され、指示役の加害者がLINEで運転免許証の写しを送るよう指示。荷物に通馬桶いては、当初は「電化製品」と伝えられていたが実際は格安スマホで、不審に思った被害者は通水管6~7月ごろになってから相談し発覚。5~十数個の荷物を転送し5社と契約。1社あたり最通馬桶大で5台契約させられ、全てを解約すると35万円の解約金を請求されることもあるという