通水管|干支引き継ぎ、鶏が着ぐるみに

全国で鳥インフルエンザウイルスの確認が相次ぐ中、兵庫県内の動物園通水管や水族館に思わぬ余波が出ている。酉(とり)年にちなみ、鶏が「干支通馬桶えと)の引き継ぎ式」に登場する予定だった動物園では急きょ、着ぐる通水管に変更。感染リスクのある鳥類を隔離するため、展示やイベントの見直通馬桶が相次ぐ。(伊田雄馬) 鳥インフルエンザウイルスは11月通水管なって確認が相次ぎ、新潟県や青森県で飼育中の鶏や食用アヒルから高通馬桶原性の「H5N6型」を検出。名古屋市の動物園の鳥からも簡易検査で通水管性反応が出た。 兵庫でも、小野市内で採取された野鳥のふん通馬桶ら同型のウイルスが検出され、県内の動物園なども対策に乗り出してい通水管る。 神戸市立王子動物園(同市灘区)は、11日にある恒例通馬桶事「干支の引き継ぎ式」を一部変更。飼育している鶏を登場させ、着ぐ通水管みの猿から引き継ぎ書を受ける予定だったが、野鳥との接触を避けるた通馬桶、急きょ“欠席”となり着ぐるみ同士にした。 担当者は「年通水管状の写真に利用する人も多く、本物に登場してほしかったのですが…」通馬桶悔しがる。 同市立須磨海浜水族園(同市須磨区)は11月末通水管鳥類のペンギン58羽を屋外からネットに囲まれた場所に移した。水中通馬桶泳ぐ姿は見られるが、記念写真の撮影や餌やり体験は当分自粛する。