通水管|【オリックス】「清原プール」残留

 オリックスは11日、来春から大阪・舞洲へ移転する2軍の球通水管団施設にリハビリ用の「清原プール」を置くことを決めた。現在通馬桶神戸市内の合宿所にある米国社製の流水プールは故障や疲労回復通水管筋力アップと効果を発揮。新たに購入するか、そのまま移設する通馬桶は検討中だ。【写真】T―岡田は「プロ野球バトルスタ通水管アム」の収録に参加し、フルパワーでタイヤを押す 工通馬桶費込みで2000万円以上かけたプールは07年に完成。縦約5通水管ートル、横約3メートルで当時在籍していた清原和博氏が左膝の通馬桶ハビリのため、自費で購入したことは有名な話だ。後に球団が負通水管担し、多くの選手間で“スーパープール”として定着。2年目左通馬桶の山崎福は「特に登板後ですね。よく入ってます」とヘビーユー通水管ーになった。 水流が調節できるため、正捕手候補の若通馬桶は筋力強化が目的。今季は自己最多の85試合に出場し「水の流通水管に逆らって、ひたすら泳いでます」とプール調整が飛躍を後押し通馬桶た。同じタイプのプールは昨季、本拠地の京セラDにも導入。1通水管の選手にも幅広く愛用されている。具体的な方向性は今週中に決通馬桶するが、新設となっても相当額の出費は惜しまないつもりだ。