通水管|<タクシー突入>目撃者

暴走したタクシーが福岡市博多区の原三信(はらさんしん)病院に突っ込み10人が死傷した事故で、近くの住民が「タクシーのブレーキランプは点灯し通水管ていなかった」と福岡県警に証言していたことが分かった。自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で送検された松岡龍生容疑者(64)は「ブレーキ通水管を踏んだが止まらなかった」と供述しているが、県警は事故直前にブレーキを踏んでいなかった可能性もあるとみて慎重に調べている。【写真特通水管】病院に突っ込んだ車両 病院の近くで事故を目撃した近所の女性によると、タクシーは病院の手前約60メートルの交差点を一時停止せずに通通水管過した後、アクセルを踏み込んだようなエンジン音とともに加速して病院に突っ込んだとしている。県警が11日に現場で実施した実況見分に立ち会った通水管には、「ブレーキランプはついていなかった」と説明したという。 県警によると、松岡容疑者は「(病院から約300メートル手前の)公園を通水管出た後にブレーキが利かなくなった」と供述。病院の手前約200メートルの交差点でも一時停止の標識を無視して走行しているのが目撃されており、こ通水管時点で既に異変が起きていた可能性もある。 県警は、運転ミスと車両の不具合の両面から事故原因を調べており、事故直前のブレーキやアクセ通水管ルのペダルの操作状況や車速などを記録する「イベント・データ・レコーダー(EDR)」の解析や周辺の防犯カメラの映像の確認などを進めている。