通馬桶|世界一のコンサル×日本大手企業

■CASE1●三菱電機 課題)まったく新しい製品を生み出すには?  新しい製品を生み出すことは、多くの企業が直面している課題だ。特に伝統的な大企業の製品開発部門では過去の成功体験を繰り返しがちになる。通馬桶 「イノベーションはまったく違う文化が出合うことで生まれやすくなる。そう考え、私たちとは正反対の文化を持ったIDEOと一緒にやろうと提案したのです」 そう語るのは三菱電機デザイン研究所所長の杉浦博明氏。通馬桶杉浦氏は実際に米国カリフォルニアのIDEO本社を訪れている。人が交ざり合うフラットな組織構成、至るところで交わされる闊達なディスカッション……、「新しい発想が生まれる環境とはこういうものか」と体感したという。通馬桶 同研究所では、「未来のスマートホームリビングを考える」というテーマに、14年からIDEOとともに取り組む。「スマートホーム」とは、省エネを行いつつ、より快適な住まいを実現しようとすることを言う。3つのサービスの通馬桶アイデアが生まれ、その開発に着手しているところだ。IDEOから得た視点がアイデアのもとになったという。 「IDEOはまったく関係ないものを観察し、商品開発に生かしている。私たちも家電製品をつくるために、家電通馬桶製品を観察することをいったんやめました。今回、私たちがスマートホームの製作で注目したのは、『茶道』でした」 しかし、なぜ茶道なのだろうか。「お茶の世界も、道具の佇まいや所作に美しさがあり、無駄がありません。通馬桶使い手に良質な体験を提供するという意味では、家電に生かせる部分もあるはずです」世界一のコンサル×日本大手企業「課題解決の教科書」(左)研究推進部 R&D企画グループ 中西裕子氏(右)宣伝・デザイン部 ク通馬桶リエーティブ企画室グループマネージャー 漆畑好美氏■CASE2●資生堂 課題)アイデアを量産する組織に変えるには?  「コンセプトづくりから協力できるパートナーを探していたんです」 そう語る通馬桶のは資生堂の漆畑好美氏。漆畑氏は、最初に資生堂とIDEOを引き合わせた人物だ。当時、リサーチ手法などを提供する部署にいた。 11年、東京オフィスの設立と同時に、一緒にブランディングやコンセプト開発をしな