通馬桶|領土、経済で合意探る

安倍晋三首相は15日午後、ロシアのプーチン大統領と山口県長門市の温泉旅館で会談した。通馬桶 日ロ間の懸案である北方領土交渉の打開に向けて協議するほか、ロシア側が提案した北方四島での「通馬桶共同経済活動」の具体化などを議論。相互に利益となる形で合意点を探る。ただ、プーチン氏は来日に通馬桶先立ち、領土返還に否定的な姿勢を示しており、首相がどこまで譲歩を引き出せるかが焦点だ。通馬桶 会談の冒頭、首相は「大統領の11年ぶりの訪日を、私のふるさとである長門市でお迎えできてう通馬桶しい」と歓迎。大統領は「首相の尽力により、ロシアと日本の関係が前進している。きょうとあすの首通馬桶脳会談は、日ロ関係の前進に大きく貢献すると期待している」と応じた。 プーチン氏は同日通馬桶午後、大統領特別機で山口県入りした。首相の地元の長門市へ移動し、両氏の間で通算16回目となる通馬桶首脳会談に臨んだ。日本到着が予定より3時間近く遅れたことに伴い、会談開始もずれ込んだ。