通馬桶|反体制派撤退合意も

シリア人権監視団によりますと、反体制派が支配す通馬桶るシリアのアレッポ東部で、14日、砲撃が再開さ通馬桶れました。 13日にはロシアとトルコに通馬桶よる仲介で反体制派が、アレッポ市内から完全に撤通馬桶退することで合意していました。反体制派の戦闘員通馬桶や市民らをバスで移送する予定ですが、移送の開始通馬桶は遅れています。 トルコのチャブシオー通馬桶ル外相はアサド政権軍側が反体制派の撤退を妨害し通馬桶ていると非難しています。(15日03:18)