通水管|茶から睡眠導入剤成分

愛知県東海市の介護施設で従業員11人が相次いで体調不良を訴えた問題で、共通して飲んだ茶から睡眠導入剤に通水管含まれる成分が検出されたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は、この成分を含んだ薬物を茶に混入させ通水管た傷害事件とみて捜査している。 この介護施設「大田デイサービスセンタールピナ」では9日、午後2通水管半ごろから20~70代の従業員11人(男性4人、女性7人)が眠気やふらつきといった体調不良を訴えた。通水管 捜査関係者によると、体調不良を訴えた11人は昼食時、従業員用の休憩室にあった容器の茶を飲んでい通水管。県警がこの茶を鑑定したところ、睡眠導入剤に含まれる成分が検出されたという。県警は、この成分が体調不良通水管に関係しているとみている。 県警の説明では、11人は近くの病院で診察を受けたがいずれも命に別条通水管なく、翌日までに全員が快復。当時は、ほかに従業員13人や利用者41人が介護施設にいたが、同じような体調通水管不良を訴えた人はいなかったという。 介護施設は12日まで臨時休業し、13日に営業再開している