通水管|<スペースワールド閉園>

新日鉄八幡製鉄所の旧構内にあり、九州を代表するテーマパーク「スペースワールド」(北九州市八幡東区)の閉園方針が16日に明らかになった。「身近な遊び場」「思い出の通水管場」がなくなることに、市民を中心に衝撃が広がった。自治体や地元経済界からは地域経済への悪影響を懸念する声が上がった。【写真特集】1990年のオープンセレ通水管ニー スペースワールドは1998年から2013年まで北九州市の成人式が開かれるなど市民に親しまれてきたほか、ステージショーや年末カウントダウンイベントな通水管ども開かれ、近県の親子連れや若者などにも人気のスポットだった。 近くを通りかかった北九州市門司区の高校2年、田代はるかさん(16)は「友達と遊ぶならスペ通水管スワールドだったが、これから行く所がなくなってしまう」と残念そう。福岡市博多区のパート、上田都さん(47)は「子供が小さかった10年ほど前に戦隊モノのステージシ通水管ョーを見に行った。閉園は福岡市民にとっても寂しい」と話した。 山口県美祢(みね)市の塾講師、山下安憲さん(41)は「近場にあるアトラクション施設で、(自通水管が)経営する塾の生徒たちを連れて行ったこともある思い出の場所で、閉園と聞いて残念だ」と話した。佐賀市の大学3年、浅尾一至さん(21)は「(北九州市に住んでいた)通水管子供のころから親や友達と何度も行った。お客さんが減っていることも感じていたが、なくなると思うと寂しいです」と惜しんだ。 地元住民もショックが隠せない。八通水管大谷まちづくり協議会の畠中聡之会長(70)は「スペースワールド周辺で開かれる全国餃子祭など各種イベントは相乗効果が大きかっただけに非常に残念だ」と語った。