通水管|阪神・岩田 プロテクト漏れていた

阪神・岩田稔投手(33)が16日、年末に再度、「競輪トレ」を敢行する方向であることが分かった。すでにオフに入ってから一度、自身初となるそのトレーニングに取り組んで通水管いたが、再び体をいじめ、鍛え抜く考えだ。年明けには米・アリゾナで自主トレを行う予定で、背水の覚悟で勝負の1年に挑む。【写真】「引退覚悟で」…岩田 限度額マ通水管ックスに近いダウン 初体験のトレーニングも、来季にかける意気込みの表れだ。岩田は、11月上旬に岸和田競輪場のバンクで人生初めて自転車を走らせ、1000メー通水管トルのタイムトライアルなどを行っていた。岩田の個人トレーナーを務める網川翼氏の弟が、競輪選手の稲川翔という縁もあって実現したトレーニングだった。 競輪とい通水管うことだが、目的は下半身の強化だけではなかったという。競輪では常に足を回転させて体を動かす。そのため、体の連動性を高めるイメージが力みのない投球フォームにつながれ通水管、という狙いがあった。野球以外の種目からでも、どん欲にヒントを求める姿勢に、来季への強さが感じられる。年末にも再度“競輪トレ”を行う予定だ。 オフに入って通水管からの自主トレは、例年より1カ月前倒しするようなペースで、行ってきている。11月上旬からキャッチボールを開始しており、可動域を意識しながら練習に励み、シーズン終盤通水管に感じた手応えを、そのまま来季に生かしていく考えだ。 岩田は11月29日の契約更改で、1500万ダウンの5300万円でサイン。「やるしかない。初心に帰って通水管、引退覚悟でがんばります」と決意を話していた。また、糸井獲得に伴う人的補償のプロテクトリストからも、外れていたことも判明。何としても来季、結果を残す必要がある。