通水管|松井玲奈「アイドル辛かった」

「アイドル時代、人間関係は大丈夫だったんです。みんな、仲よしでした。ただ、応援してくれる人の数が、必ずしも歌通水管うポジションや選抜の選考に反映されないことがあったので、それは辛いなと思ったことはありました」 そう通水管るのは、’08年のデビュー以来、SKE48の創設メンバーとしてセンターも取り、その後も本家AKB48にも選抜通水管りするなどトップアイドルとして活躍した松井玲奈(25)。昨年の卒業公演を経て、現在は、舞台や映画を中心に活動通水管する彼女が、アイドル時代の苦悩、卒業秘話を、本誌を通じて語った。「23歳のとき、’14年の選抜総選挙通水管5位になったんですけど、次のシングルで15番手くらいまで落ちたんですね。若いメンバーも推していきたいっていう通水管となんでしょうけど、ファンの人の持つ投票権は(CDの)特典として付いているものなので、『オレたちは頑張ったの通水管に』とがっかりさせちゃうのが申し訳なくてイヤでした。それなら選挙にお金を使うんじゃなくて、1回でも多く私が出通水管舞台や映画を見ることに使ってもらいたいなと思って。そういうこともあって、翌年は総選挙を辞退したんです」