通水管|兼業ママを悩ます“小1の壁”はどう乗り越える?

これは共働き家庭の子どもが小学校入学にともない、保育園ではケアされていた保護者の負担が増大することを表した言葉だ。代表的なのは、夏休みなどの長期休通水管暇の過ごし方や保育園のように融通が利かない学童との兼ね合い、さらにはPTAなどの保護者活動や毎日の宿題などのケアなど。確かにどれも仕事を持つ親への通水管負担は軽いものではい。だが、そういった負担は近年急に増加したものではないのも事実。なぜ、近年になって“小1の壁”という言葉がクローズアップ通水管されはじめたのか? 働く女性のサポートのために活動するキャリアカウンセラーの藤崎葉子さんに聞いた。●民間学童枠のために1年前からプレ会員に通水管なるケースも「企業で働く兼業ママはたくさんいますが、日本ではまだ子どもが未就学児というケースが圧倒的に多いのが現状。例えば子どもが1歳で育休か通水管復帰した場合、そこから6年以上継続して働く人はまだ少数派なのです。しかし、ようやく小学生以上のお子さんを持つ層が増えてきたので、それにともなって“通水管小1の壁”が注目を集めているという背景もあります」(藤崎さん 以下同)また、企業が取り入れている育児制度とも関係があるという。「働通水管くママには時間短縮勤務、いわゆる時短を利用している人もいますが、その利用期間が小1の春までというケースが多いこともありますね。その場合は、入学の負通水管担と時短終了のダブルパンチになってしまいます」藤崎さん自身も現在小1の子どもを持つ母親として、現在壁に向き合っている最中だという。