通馬桶|本田姉妹アベックV!

「フィギュアスケート・京都府民総合体育大会」(17日、京都アクアリーナ) マリンパワーさく裂だ!昨季ジュニア世界女王・本田真凜(15)=関大中=を姉に持ち通馬桶、ともに子役で活躍中の本田望結(12)と紗来(9)=ともに京都醍醐ク=が姉妹で出場し、女子シングルジュニア幼年女子の望結は83・09点で、B級幼年女子の紗来は61通馬桶77点で、そろって優勝した。真凜のお下がりの衣装を着て、可憐(かれん)な舞で会場を魅了した。【写真】本田家の家宝?真凜の“お下がり”のターコイズの衣装を身通馬桶付けた紗来 2人そろって表彰台のてっぺんに登った。昨季の世界ジュニア女王、真凜からパワーをもらった望結・紗来の姉妹コンビが会場を魅了した。 まずは通馬桶っ子の紗来。演技中盤の3回転サルコーは転倒したが、その他は大きなミスなく演技を終えた。「悔しいけど、他のジャンプもスピンもステップもしっかりできた。78点くらいか通馬桶な」とにっこり笑顔を見せた。 3歳上の望結も続いた。冒頭の3回転ルッツをきっちり着氷すると、波に乗った。試合では初披露の新ナンバー「バタフライ」を、流れる通馬桶うなスケーティングに乗せて披露。ジャンプは全て着氷し、持ち味の表現力も発揮。「すごいよかった。もっともっとできるように練習したい」と喜んだ。 躍進の陰には通馬桶好きな姉・真凜の存在があった。2人とも鮮やかなターコイズブルーの衣装に身を包んだが、実は紗来は真凜が小6の時の、望結は真凜が中1の時のお下がりだった。新曲に合わせ通馬桶望結の衣装は現在作成中で、この日限りのコラボレーションだ。「パワーをもらいました」と望結。普段は自分でするメークも、この日は出発前に姉が2人にしてくれたという。