通馬桶|<本社世論調査>北方領土、経済活動賛成6割

毎日新聞は17、18両日、全国世論調査を実施した。今回の日露首脳会談を受けて、北方領土問題が解決する前に北方領土で共同経済活動を行うことへの賛否を聞いたところ通馬桶、「賛成」との回答が59%で、「反対」の25%を大きく上回った。今後の北方領土問題の進展に「期待する」は60%、「期待しない」は29%。安倍内閣の支持率は11通馬桶の前回調査から3ポイント増の51%、不支持率は1ポイント増の32%だった。 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は15、16両日の会談で、共同経済活動通馬桶関する協議開始で合意した。北方領土に進出する日本企業の課税方法やトラブル時の司法管轄権など課題は多いが、共同経済活動に踏み出すことはおおむね評価されているよう通馬桶だ。内閣支持層では「賛成」が72%を占め、不支持層でも「賛成」(46%)が「反対」(39%)より多かった。領土問題の進展に期待する層では共同経済活動に「賛成」通馬桶3%、「反対」17%。期待しない層では「反対」49%、「賛成」44%だった。 カジノ解禁につながる「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)が先通馬桶臨時国会で成立した。同法に「反対」は59%に上り、「賛成」は29%。法案提出段階の昨年5月調査と傾向は変わっていない。 主な政党支持率は、自民32%▽通馬桶民進9%▽公明7%▽共産5%▽日本維新の会3%--など。「支持政党はない」と答えた無党派層は35%だった。【今村茜】………………………… 調査通馬桶無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に調査員が電話をかけるRDS法で実施し、18歳以上のいる1532世帯から948人の回答を得た。回答率は62%だった。