通馬桶|司法修習生に「給費制」復活へ…

国が司法修習生に生活費などを一律に支給する制度が新たに創設されることが、関係者の通馬桶話でわかった。 来年度の最高裁予算案に盛り込まれる見通しで、給付額につい通馬桶は、財務省と法務省などが最終調整している。2011年に廃止された「給費制」が、来通馬桶の司法試験合格者から事実上、復活することになる。 司法修習生に対する経済通馬桶支援は、国が月約20万円を一律に支給する「給費制」が11年、財政難を理由に廃止。通馬桶同年の司法試験合格者から、希望者に月18万~28万円を無利子で貸し付ける「貸与制通馬桶に切り替わった。 関係者によると、新制度は給費制と貸与制の併用型となる見通馬桶みで、国が修習生に毎月、一定額を支給した上で、希望者には無利子の貸し付けも行う。通馬桶務省は、来年の通常国会に新制度の創設に必要な裁判所法の改正案を提出する予定だ。