通馬桶|ヨルダン観光地で銃撃、カナダ人ら10人死亡

【AFP=時事】(更新)ヨルダン中部の観光地カラク(Karak)で18日、所属不詳の武装集団による銃撃が複数の場所で発生し、カナダ人女性観光客1人とヨルダン人市民2人通馬桶、警官7人の計10人が死亡、27人が負傷した。治安当局が発表した。現場の一つとなった城塞遺跡では遺跡内部に立てこもった容疑者4人が治安部隊に殺害された。【図解通馬桶】カラクの位置を示した地図 カラクは首都アンマン(Amman)の南約120キロにあり、十字軍が建造した中でも最大級の城塞の遺跡で知られている。治安当局筋による通馬桶と、同遺跡では容疑者4人が数時間にわたる立てこもりの末、治安部隊との銃撃戦で死亡した。 同国の首相はこれに先立ち、遺跡内には銃撃犯10人が立てこもっていると述通馬桶べていた。一方、治安当局は一連の銃撃事件には5~6人の容疑者が関与したとみられると説明していた。 国営ペトラ(Petra)通信が伝えた同当局の声明によると、最通馬桶の銃撃は、巡回中だった警察官らがカラク市内の家屋で起きた火災の現場に急行した際に発生した。家屋の中にいた武装集団が、到着した警察官らに発砲し、警官1人が負傷。容疑者ら通馬桶は車で逃走した。 その直後、別の警察官も武装集団による発砲を受けたが、けが人は出なかったという。また同時に、城跡遺跡でも武装集団が警察署に向けて発砲し、「数人通馬桶の警官と通行人が負傷」して病院に搬送された。 声明によると、警察と治安部隊が遺跡とその周辺を包囲し、武装集団の捜索を開始した。メディアは城塞で武装集団が人質を通馬桶取ったと報じているが、匿名で取材に応じた治安当局筋はこれを否定。武装集団と治安部隊との銃撃戦が発生したため、城の下層部にいた人々が身動きが取れなくなったと説明した。