通水管|<トルコ>ロシア大使が銃撃受け死亡 展覧会で

【エルサレム支局】トルコの首都アンカラで19日、ロシアの駐通水管トルコ大使が銃撃を受け、病院に搬送された。ロシア当局による通水管と大使は死亡した。地元テレビ局によると、展覧会の会場を訪れ通水管際に銃撃されたといい、ほかにも数人が負傷した。【銃通水管を構える男】 AFP通信は、銃撃犯が「アレッポ」「通水管復」と叫んだとの目撃者の証言を伝えている。 シリア通水管北部の主要都市アレッポは、ロシアが後ろ盾となっているアサド通水管権側が12日までにほぼ全域を制圧したばかり。トルコはアサド通水管政権と対立するシリアの反体制派を支援してきた経緯がある。