通水管|慎重姿勢の日本に不満表明

【ニューヨーク時事】パワー米国連大使は19日、米国が提案する南ス通水管ーダンへの武器輸出を禁止する国連安保理決議案に、日本などが慎重な通水管勢を示していることについて「国連平和維持活動(PKO)部隊を守る通水管段である武器禁輸を支持しないという論理は、非常に疑問だ」と述べ、通水管満を表明した。 国連本部で記者団に語った。 陸上通水管自衛隊を南スーダンのPKOに派遣している日本は、南スーダン政府を通水管激することを避けるため、制裁発動に慎重な立場を取っている。通水管 パワー大使は「日本などは現地の人への影響を懸念しているが、(武通水管輸出が続いて)現地に良い効果があるということなのか」と述べた。