通水管|<ASKAさん>「尿でない」覆せず 不起訴

◇覚せい剤使用容疑 東京地検が容疑不十分で 覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されていた歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん(通水管58)が19日、東京地検から容疑不十分で不起訴処分とされた。ASKAさんの尿だと立証できずに不起訴処分となったことは警視庁に衝撃を広げた。通水管捜査に問題があったのでは」との指摘が内部からも出ている。【釈放され、警察署を出るASKAさん】 覚醒剤など薬物事件では、尿通水管から薬物の成分が検出されると大きな証拠になる。一方で「自分の尿ではない」と主張する容疑者もいるため、尿検査の際には捜査員が様子を確認してい通水管。一般的には警察署に任意同行を求めたうえで採尿することが多いが、同庁によると、ASKAさんは110番で駆けつけた署員に対して「自宅でなら」通水管と応じた。 捜査関係者によると、採尿時は通常、捜査員が人権に配慮したうえで様子を斜め後方など複数の角度から写真撮影し、最後に本人の通水管名を求めるという。同庁は「ASKAさんの場合は自宅トイレで狭かったため後ろからしか見られなかった」としている。鑑定結果は陽性だったが、自分通水管の尿であることを否定するASKAさんの主張を覆すことができなかった。 同庁幹部は「残念な結果だが任意捜査の限界という面もあった」と通水管す。だがある捜査関係者は「尿鑑定の結果が覆されるなんて通常はあり得ない。採尿時の態勢に不備があったとしか言いようがない」と指摘した。