通水管|顔に殺虫剤、ハサミで義父の頭刺す

義理の父親の頭をはさみで突き刺すなどして殺害しようとしたとして、千通水管葉県警四街道署は18日、殺人未遂の疑いで四街道市の中学2年の少年(通水管4)を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は同日午後10時半ごろ、市通水管の自宅で、義理の父親で介護士の男性(24)の顔にスプレーの殺虫剤を通水管噴射し、はさみで頭頂部を複数回突き刺すなどして殺そうとした疑い。男通水管は軽傷だが出血が多く、病院に入院しているという。 同署によ通水管と、少年は約1年前から男性を含む家族5人で暮らしていた。現場にいた通水管母親(46)は「2人は普段から仲が悪かった」と話しているという。少通水管はあいまいな供述をしているといい、動機について慎重に調べている。