通馬桶|第156回「芥川賞・直木賞」候補10作決まる

日本文学振興会は20日、第156回芥川龍之介賞・直木三十五賞(平成28年下半期)の候補作を発表した。受賞作を決める選考会は来年1月19日、東京・築地の「新喜楽通馬桶」で行われる。【画像】そのほかの芥川賞・直木賞候補者一覧 芥川龍之介賞候補には、4度目のノミネートとなった山下澄人氏の『しんせかい』のほか、2通馬桶目のノミネートの加藤秀行氏の『キャピタル』、初ノミネートとなる岸政彦氏の『ビニール傘』、古川真人氏の『縫わんばならん』、宮内悠介氏の『カブールの園』の全5作が通馬桶ばれた。 直木三十五賞候補には、星野源主演でアニメ映画化されることが発表された『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦氏が『夜行』で2度目のノミネート。また通馬桶多数のヒット作を生み出している恩田陸氏(6度目候補)の『蜜蜂と遠雷』、2015年に妻の顔を殴るなどドメスティックバイオレンス(DV)をしたとして傷害の疑いで逮通馬桶された経験もある冲方丁氏(2度目候補)の『十二人の死にたい子どもたち』など、幅広いジャンルから全5作品が選ばれた。 両賞は1935(昭和10)年に制定通馬桶芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品通馬桶贈られる。前者は主に無名・新進作家、後者は無名・新進・中堅作家が対象となる。贈呈式は2月下旬に都内で行われ、受賞者には正賞として時計、副賞として賞金100万円通馬桶与えられる。 前期・第155回(平成28年上半期)の芥川賞は村田沙耶香氏の『コンビニ人間』、直木賞は荻原浩氏の『海の見える理髪店』がそれぞれ受賞した