通馬桶|飛行再開「怒りとむなしさ」

「言葉を尽くしても尽くし切れないほど、怒りとむなしさを感じる」。 沖縄県の通馬桶翁長雄志知事は19日、オスプレイ飛行再開を受け、厳しい口調で語った。「県民の不安は通馬桶向に払拭(ふっしょく)されていない」とし、日米両政府に改めてオスプレイの配備撤回を通馬桶める考えを示した。 翁長知事はオスプレイが米軍普天間飛行場(宜野湾市)を飛通馬桶立った約1時間半後、県庁で記者団を前に、怒りを秘めた表情でコメントを読み上げた。「通馬桶方的な飛行再開は信頼関係を損ねる」「米軍の考えが最優先で、極めて県民不在だ」と激し通馬桶憤った。 事故が起きるたび、県の申し入れを米軍に伝えるだけの日本政府を「当通馬桶者能力がない」と痛烈に批判。「国が一地方自治体を無視することの恐ろしさを感じている通馬桶日本のあり方が変わらない限り、県民の気持ちは伝わらない」と悔しさをにじませた。