通水管|「逃げ恥」最終回20・8%!

女優の新垣結衣(28)が主演を務め、ブームを巻き起こしたTBS「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)の最終回(第11話)が20日に15分拡大で通水管放送され、平均視聴率は自己最高を更新する20・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。初回から一度も数字を落とさず視聴率を上通水管させ、ついに初の大台超えを達成し、有終の美を飾った。SNS上には「逃げ恥ロス」が広がっている。【写真】ハタチの誕生日のガッキー。この時もかわい通水管! 初回10・2%は、2014年4月期に新設された火曜ドラマ「火10枠」としては初の2桁発進。その後、第2話12・1%、第3話12・5%、第4通水管話13・0%、第5話13・3%、第6話13・6%と右肩上がりに推移。第7話13・6%、20分遅れで放送された第8話も16・1%、第9話16・9%、第1通水管話17・1%、第11話20・8%と初回から一度も数字を落とすことなく推移。人気は数字に直結した。 原作は講談社「Kiss」で連載されている海野通水管なみ氏による同名漫画。求職中の妄想女子・森山みくり(新垣)が、独身会社員・津崎平匡(星野源)の家事代行として働くうちに、2人が従業員と雇用主という関係通水管の「契約結婚」をしてしまう社会派ラブコメディー。 エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせ、新垣らキャストが披露する通称・恋ダンスは社会現通水管になった。人気が高じて、撮影ロケ地のマンションを訪れ、写真撮影をするなど“聖地巡礼”を行うファンも出現。番組公式サイトで注意が喚起される事態も。