通水管オスプレイ、防衛省は事故率の上昇を把握していた

沖縄で12月13日に起きた、オスプレイの事故。6日後の19日、早くも飛行が再開した。今回、事故が起きて改めて注目を浴びたのが、オスプレイの「クラス通水管A事故率」だ。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】【写真】沖縄の米軍ヘリパッド建設に抗議する人たち沖縄の海兵隊は飛行再開に通水管際し、プレスリリースで、在沖縄米軍トップのニコルソン四軍調整官のコメントを発表した。「日本国民にとって、私たちがMV-22の安全性と信頼性に通水管対する最大限の確信(confidence)を共有し、理解してもらうこと(understand)は大切なことだ」米軍は機体の安全性を強調するが通水管、大破した機体の回収はまだ終っていない。日米地位協定に基づいた海上保安庁の捜査協力にも応じていない。そんな中での決定。米軍や再開を容認した日通水管政府に対し、「原因究明は進んでいない」「早すぎる」などの大きな反発が生まれている。そもそもクラスA事故率とは、「10万飛行時間あたり」の「被通水管害総額が200万ドルを超えるや死者を出した」割合を示す数値だ。今回の事故もクラスAに該当する。防衛省が作成した資料では「海兵隊は、事故率を航通水管空機の機体の安全記録を代表する指標として重視」と紹介している。米軍がオスプレイを普天間基地に配備するとき、日本政府は「1.93」(2003~通水管2012年)という数字を示し、安全性の根拠のひとつとしてきた。米海兵隊が持つ航空機全体の平均「2.45」(同)よりも低いことが、その理由だ