通馬桶|花火市場で爆発、26人死亡

メキシコ市AFP=時事】メキシコ市近郊トゥルテペックにある花火市場で20日通馬桶、爆発が起き、地元当局者によると、少なくとも26人が死亡、70人が負傷した通馬桶。  現場では、さまざまな色の花火が連鎖的にさく裂し、上空に煙通馬桶が立ち込めた。爆発に伴う火災は約3時間後に収まったが、地元当局者は「市場全通馬桶体が吹き飛んだ」と説明した。周辺の家屋や車にも被害が及んだ。負傷者は救急車通馬桶やヘリコプターで病院へ搬送され、軍も出動した。 市場は爆発当時、打通馬桶ち上げ花火を買い求める客で混み合っていた。中南米ではクリスマスから新年にか通馬桶けて花火を打ち上げるのが伝統で、爆発事故もしばしば起きている。 メ通馬桶キシコのペニャニエト大統領はツイッターで、犠牲者の遺族に弔意を示した。