通馬桶|90歳英女王、公務縮小へ

ロンドン=岡部伸】英王室は20日、今年4月で90歳になったエリザベス女王の公務を通馬桶縮小して、25団体について「名誉総裁」から引退し、ポストを別の王室メンバーに委譲通馬桶ると発表した。 英王室は、エリザベス女王の夫、フィリップ殿下が90歳とな通馬桶た2011年に名誉職を引退しており、女王の引退はフィリップ殿下に倣ったとしている通馬桶 引退するのはセーブ・ザ・チルドレンUKやテニスのウィンブルドン選手権の通馬桶営団体「オールイングランド・クラブ」、イングランドラグビー協会など。今後数カ月で通馬桶の王室関係者に女王のポストを引き継ぐという。 一方、英王室は女王が現在務通馬桶ている慈善団体や福祉団体など600以上の「後援者」(パトロン)には留まるとしてお通馬桶、女王がパトロンになった団体のイベントに出席して資金集めなどに協力するという。