通馬桶|消えゆく質屋、4割が商売自体を「知らない」

物品を担保に金を貸す「質屋」は鎌倉時代から続くとされる業態で戦後しばらくは2万店余りあった。ところが2015年で3034店と右肩下がり。新たな金融サー通馬桶ビスの登場に加え、近年は買い取り専門店やリサイクルショップが台頭し、存在感がますます希薄に。歯止めをかけようと業界は懸命だ。(「週刊ダイヤモンド」編集通馬桶部 土本匡孝) ある大きな質屋の蔵に夜な夜なお化けが出るといううわさが立って──というくだりで始まる有名な古典落語「質屋庫(ぐら)」。質屋は古通馬桶くから庶民になじみが深い職業だった。 しかし最近は縁遠い存在になり、「質入れした物品を請け出せず、質屋に所有権が移ること」を意味する「質流れ」通馬桶という言葉すら知らない人が若年層を中心に増えた。「さげ(オチ)で使っても客がぽかんとしている」と落語家は嘆く。質屋業界にとってまったくもって笑えない時通馬桶になってしまった。 図が示すように、全国の質屋の数は1958年の2万1539店をピークに、見事に右肩下がりだ。 終戦後しばらくの質屋業通馬桶界は黄金時代だった。多くの人が食べるのに必死で、生活のために金を借りる「世帯質(せたいびち)」でにぎわった。超インフレだが給与も上がるので、人々は気軽通馬桶に質屋を利用した。「朝お米を入れた電気釜を質に入れ、夕方請け出す客がいた」といった笑い話が業界に残るほどだ。 その後、消費者金融(サラ金)がラ通馬桶イバルとして無視できなくなるようになり、質屋は減少。クレジットカードや銀行系カードローンの普及で、質屋以外の金融サービスはさらに増え、減少が続いた。