通馬桶|ハイテク株に明るい兆し

株式市場の振り返り-日銀の金融政策維持を受けて日経平均株価が再び高値更新2016年12月20日(火)の主要指標(カッコ内は通馬桶前日終値比) ・日経平均株価 19,494円(+102円、+0.5%)  反発 ・TOPIX 1,552.3(+3.3通馬桶、+0.2%)  反発 ・東証マザーズ総合指数 928.2(+8.2、+0.9%)  5日ぶり反発東証1部上場銘柄の概況通馬桶 ・値上がり銘柄数:1,230、値下がり銘柄数:626、変わらず:143 ・値上がり業種数:19、値下がり業種数:14通馬桶東証1部の出来高は19億2,972万株、売買代金は2兆3,388億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。商いはやや低水準通馬桶ですが、それでも、この時期としては例年よりは多めです。ただ、正午頃に日銀金融政策決定会合の結果(現状維持)が伝わった以降も商いは盛通馬桶上がらず、市場参加者の少なさを示したと言えます。その中で、日経平均株価は+100円超の上昇となり、取引時間中には一時19,通馬桶500円台を回復しました。再び年初来高値を更新です。日銀の金融政策維持に安心感が高まったのでしょうか。大きな材料が乏しくな通馬桶る21日(水)以降、約1年1か月ぶりの20,000円に迫る場面があるのか注目されます。なお、TOPIXも同様に反発となりました。