通馬桶|「止まらない日本株」が、いったん止まるとき

■今の上昇相場はアベノミクス初期とどこが違うのか 12月15日、日経平均株価の騰落レシオ(25日平均)が、165%と過去最高水準まで上振れた。この記事の写通馬桶真を見る 東洋経済オンラインの読者の皆さんの中には、株式の初心者もいると思うので簡単に説明すると、騰落レシオとは、「市場全体の買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を推し測通馬桶、テクニカル指標の一つである。 計算の仕方は、一定期間の指標(日経平均株価や東証1部)の値上がり銘柄数合計を値下がり銘柄数合計で割って百分比で示す。値上がり数が値通馬桶がり数よりも多ければ100%を越えることになる。逆なら例えば30%とか50%、70%といった値になる。また1日だけ計測するのではなく、一定期間(たとえば25日分)をとって通馬桶移動平均(最新の1日分を入れて、一番古い日付のものを落とす)で見るという手法が一般的だ。 騰落レシオの一般的な目安としては、70%未満を底値圏、120~140%超通馬桶天井圏としている。この指標の信頼性は、底値圏(下げ相場)で高く、天井圏(上げ相場)で劣る。だが、いったん循環物色(セクターローテーション)が続くような息の長い上げ相場に入通馬桶と、騰落レシオは高止まりしてしまう。 ちなみに4年前の2012年12月、騰落レシオは164%まで上振れた。2012年末はアベノミクス相場の起点とほぼ重なり、その後通馬桶日経平均株価は1万0000円台から1万5000円台まで一気に上昇した。半年足らずで5割超の値上がりをみせた。 しかし、前回(2012年)と今回(2016年)が異な通馬桶点がある。東証1部時価総額と名目国内総生産(GDP)の関係だ。前回(2012年)は時価総額が450兆円まで急回復したが、当時の名目GDP472兆円には届いていなかった。