通水管|仏・日本人留学生不明 出国した20代の男が関与か

フランスに留学中の女子大生の行方が、12月4日から、不明になっていることがわかった。行方がわからなくなっているのは、筑通水管波大学から留学している、黒崎愛海(なるみ)さん(21)。留学先は、フランス東部の都市ブザンソン。かつては、城塞(じ通水管うさい)都市として栄え、レ・ミゼラブルを執筆した文豪、ビクトル・ユーゴーを輩出した町。黒崎さんは、2016年9月から、通水管ザンソンにある、フランシュ・コンテ大学付属の応用語学センターに留学。フランス語を習得したあとは、大学の文学部で学ぶ予定通水管という。フェイスブックには、「ピュアな姿勢で、世界を見ていきたい」などとあり、フランスで見識を広める途中だった、黒崎さ通水管ん。黒崎さんの寮の写真を見ると、黒崎さんの部屋の扉には、警察の書類が貼られていて、すでに捜査が行われていることがわかる通水管地元メディアによると、黒崎さんの姿が、最後に確認されたのは、12月4日。ブザンソンのレストランで、20代の男と、食通水管をとっていたという。男は、黒崎さんと同じ大学に通っていて、日本人でもフランス人でもないということだが、現在、フランスか通水管出国しているという。地元警察は「これは、間違いなく事件です。愛海さんの情報は、12月4日から、ありません」と話した。