通水管|<糸魚川火災>推定150棟焼く大火 延焼のなぜ 

新潟県糸魚川市で発生した大規模火災は23日午後4時半ごろ、約30時間ぶりに鎮火した。同市災害対策本部によると、全半焼や部分焼を含め推定で約150棟を通水管焼き、被害が及んだ地域は約4万平方メートルに上った。総務省消防庁によると、震災を除き、市街地火災の焼損棟数としては過去20年で最多で、面積では197通水管6年の山形県酒田市の大火(建物焼損約15万平方メートル)以来の規模になる可能性がある。延焼は、なぜ食い止められなかったのだろうか。【写真】火通水管のラーメン店から運び出される焼け焦げた机 ◇木造密集地 被害が出た地域は、JR糸魚川駅前の木造建物が密集している地域。雪よけのための通水管「雁木(がんぎ)」と呼ばれる木製のひさしがつらなっている。場所によっては、建物と建物の間に人が通る隙間(すきま)もなかった。 「火元のラーメ通水管ン店の西側には広めの道があり放水できたが、北側と南側は少し離れて狭い通路があるだけ。東側はほぼ放水不能だった」。消防士は当時の状況を振り返る。通水管 糸魚川市史によると、今回火災があった同市大町周辺では1928年にも105棟を焼く火災が発生。火は、今回と同様に南風にあおられて広がっていったという通水管。また、西側にある横町では32年に380棟を全半焼する火災が起きている。 23日に記者会見した米田徹市長によると、被災地区には大正から昭和初通水管期に建築された建物が多いという。「古さが観光の売りにもなっており、住民に愛着もあって、防火のために街並みを変えるというのはなかなかできなかった」。