通水管|自由過ぎるぞ!昔のクリスマス

クリスマスを心から楽しみたいという気持ちは、いまも昔も同じ。ところが……あれれ? 時代をさかのぼると、思いが強すぎたのか、ちょっと風変わりにも見える光景がありました。朝日新通水管聞の秘蔵写真で振り返ります。(朝日新聞東京編集センター・加地ゆうき、文化くらし報道部・岡田慶子)【画像】炭鉱に現れたサンタ! キャバレーでクリパ! のぞかで自由な昔通水管クリスマス1928年 ドヤ顔サンタ 1928年、昭和天皇即位の「御大典」を祝う大阪市で、なぜかサンタを発見。突然の登場に、みんなびっくりして遠巻きにしている?…通水管ようにも見えますが、実際は「サンタクロースの爺やが来た来た」と拍手喝采だったそう。自由過ぎるぞ!昔のクリスマス 「御大典」にサンタ・高度成長の「Xマス狂徒」 戦前からバ通水管ルまで…写真で振り返るクリスマスの早朝、ダンスホールでは踊り疲れた人たちがぐったり=1951年12月25日、東京・新橋1951年 一周まわって今っぽい 通水管1951年のクリスマス早朝。東京・新橋のダンスホールでは、踊り疲れた人たちがぐったり。散らかったゴミが、前夜の騒ぎを物語っています。奥の方には踊り足りないのか、はしゃぐ女性通水管ちが……。元気すぎます。自由過ぎるぞ!昔のクリスマス 「御大典」にサンタ・高度成長の「Xマス狂徒」 戦前からバブルまで…写真で振り返る東京中央郵便局で、無造作に通水管み上げられたクリスマスプレゼントの山=1954年12月18日、東京都・丸の内1954年 下の方の箱が心配 無造作に積み上げられた荷物の山。いったい何をしているの通水管しょう。実はここ、1954年の丸の内・東京中央郵便局。荷物は集まったプレゼントの数々なのでした。あまりの多さにアルバイト学生650人を動員し、休日返上で作業したとか。