通馬桶|ミラン、最多タイ7度目の伊スーパー杯制覇

スーペルコッパ・イタリア2016が23日にカタール・ドーハのジャシム・ビン・ハマド・スタジアムで行われ、ユヴェントスと日本代表MF本田圭佑が所属するミランが対戦した。本田は通馬桶ベンチスタートとなった。 前シーズンのセリエA王者とコッパ・イタリアのチャンピオンが対戦する同大会。2015-16シーズンはユヴェントスが両方のタイトルを獲得したた通馬桶、ユヴェントスとコッパ・イタリア準優勝のミランが対戦する。ユヴェントスは17日に行われたローマ戦と同じスタメンを起用。MFクラウディオ・マルキージオやFWゴンサロ・イグアイ通馬桶が先発した一方で、7日に負傷から復帰したFWパウロ・ディバラは引き続きベンチスタートとなった。一方、ミランは17日のアタランタ戦のスタメンから3名を変更。MFマヌエル・ロカ通馬桶テッリらが先発に復帰した他、FWジャンルカ・ラパドゥーラではなく、FWカルロス・バッカが起用された。 最初にチャンスシーンを作ったのはユヴェントス。7分、最終ライン通馬桶ダニエレ・ルガーニが前線へロングパスを送ると、エリア手前左でマリオ・マンジュキッチが受け、右足ミドルシュートを狙ったが、ここはGKジャンルイジ・ドンナルンマが弾いてCKに逃通馬桶た。 続く14分、ステファノ・ストゥラーロが高い位置でプレッシャーをかけてボールを奪うと、ゴンサロ・イグアインがエリア手前で倒されてFKを獲得する。これをミラレム・通馬桶ピアニッチが狙ったが、シュートは壁に阻まれてしまった。17分にはロングパスを受けたマンジュキッチが前線で潰れ、これを拾ったイグアインが左のストゥラーロへパス。ストゥラーロが通馬桶ュートを狙ったが、ここもドンナルンマがCKに逃れた。直後の18分、ピアニッチが右CKからクロスを入れると、ゴール前に走り込んだジョルジョ・キエッリーニが右足で合わせ、