通水管|<安倍首相>真珠湾で不戦表明へ

安倍晋三首相は26日、米ハワイ・真珠湾を訪問するため日本を出発する。現地時間の27日午後(日本時通水管間28日午前)、真珠湾攻撃で沈没したままの米戦艦の真上に建つアリゾナ記念館を訪れてオバマ米大統領通水管と共に献花し、哀悼の意を表す。日本の首相が記念館を訪れるのは初めて。その後、首相は不戦の決意を盛通水管込んだ所感を表明する。 これに先立ち、首相は26日午前(同27日午前)に政府専用機でホノ通水管ルルに到着。国立太平洋記念墓地や日本人墓地、2001年の愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸通水管と米原子力潜水艦の衝突事故で死亡した実習生らの慰霊碑をそれぞれ訪れ、献花する。日系人との夕食会も通水管予定している。 27日午前にはホノルル市内でオバマ氏との最後の首脳会談に臨み、日米同盟の通水管化を確認する考え。両首脳は会談後、真珠湾を共に訪れる。岸田文雄外相と稲田朋美防衛相、日本ハワイ友通水管好議員連盟所属の衆参両院議員らも同行する。首相は27日午後にホノルルを離れ、28日夜に帰国する