通水管|盗撮、手口の主流はスマホの消音アプリ悪用

盗撮被害が後を絶たない。県警によると、最近はスマートフォンを使い、特にシャッター音が出ないアプリを悪用する手口が主流通水管だ。13~69歳のスマホの普及率は6割に達しており、持ち歩いても違和感がなく、「盗撮しやすい時代」と県警。画像がひと通水管びインターネット上に投稿されれば回収は不可能な上、「スカートの中を見たい」から「触りたい」「家の中を見たい」と犯行が通水管スカレートし、より深刻な被害を招く危険性もはらむ。県警は取り締まりを進めるとともに「自衛を」と注意を呼び掛けている。通水管 県警鉄道警察隊によると、県内の県迷惑行為防止条例違反容疑(盗撮、痴漢、のぞき込みなど)の検挙件数は2014年通水管が1148件、15年が1054件。横ばいで推移する中、盗撮容疑が8~9割を占める。 県内54署中、盗撮容疑の通水管挙件数が最も多いのは戸部署管内。条例違反容疑全体の2割程度を占め、その大部分が“盗撮の定番スポット”として知られる横通水管駅での犯行だ。 同駅での検挙件数の多さについて、同署は「混雑しており、人混みに紛れて盗撮しやすいのでは」と指通水管。同隊は「ネット上で盗撮しやすい場所として紹介されている」と明かす。ネットを見て犯行場所に選んだ容疑者もいたという