通水管|ヤクルト一筋47年、今季限りで退団の名捕手

今季限りでヤクルトを退団となった八重樫幸雄氏、第2の人生に「楽しみだね」 23日に開催されたNPO法人野球振興通水管ふるさと宮城プロ野球選手・OB会による「がんばろう! 宮城 少年少女野球教室」。講師を務めたのは、楽天の阿部俊人内野手通水管、今野龍太投手ら現役選手に、宮城県出身者としては初の100勝投手で阪神などでプレーした若生智男氏、ロッテ、巨人、地元・通水管楽天でもプレーした小坂誠氏ら、プロ野球で活躍したかつての選手たち11名。その中に今季限りでヤクルトを退団する八重樫幸雄通水管氏の姿もあった。各球団ここまで発表の2016年引退、戦力外、補強、移籍一覧「そう、そう、そう!」通水管 うまくできた子どもに八重樫氏は柔和な笑顔を向けた。「1回目からやっているとさ、レベルが上がっているのがわかる通水管よ。女の子もね、上手。クセがないよ」 2001年から始まったNPO法人野球振興ふるさと宮城プロ野球選手・OB会通水管の野球教室。1回目から参加している八重樫氏は16回目の今回も元気に子どもたちを指導した。「時間が経つにつれて、通水管段々、慣れてきたね。子どもたちが積極的に話しかけてきてくれたよ。『友達になろう』って(笑)。自由奔放だな(笑)」