通馬桶|クリスマスイブ礼拝中の教会前で爆発

防犯カメラの映像やDNA型鑑定などを使った科学捜査全盛の時代に、似顔絵を活用したアナログな捜査が存在感を増している。全国の都道府県警が昨年作成した似顔絵枚数は2006年か通馬桶らの10年間で約1.4倍に増加。顔の特徴を表現しやすい似顔絵ならではの利点が、容疑者や遺体の身元の割り出しに効果的とされている。 「年齢はどのくらいでしたか」「目通馬桶つり目でしたか」。13日に福岡県警本部であった捜査用似顔絵講習会。集まった捜査員ら20人が2人1組に分かれると、1人が課題として渡された写真の人物を1分間で記憶。もう1人通馬桶が特徴を聞き出しながら30分以内に似顔絵を作成していった。 県警はこうした講習会を今年は6回開催。一定の技能と経験を持つ捜査員を「似顔絵捜査官」に指定し、その人数通馬桶2004年6月の37人から今年6月に201人まで増えた。県警鑑識課で似顔絵捜査官を務める土居義靖巡査部長(46)は「似顔絵は人の特徴が出やすい。先入観を持たず、目撃者の情通馬桶報を基にいかに特徴を引き出すかが大切だ」と話す。 同様の講習会は他の都道府県警でも取り入れられ、似顔絵の作成枚数は全国的に増加。警察庁によると、年によって減少はあ通馬桶ものの06年の1万2915枚から15年に1万7927枚になった。年平均では750件ほどの事件で容疑者を特定する端緒になっている。 近年、容疑者を特定する上で欠かせ通馬桶ない証拠が防犯カメラの映像やDNA型鑑定だが、福岡県警幹部は「似顔絵は容疑者にたどり着くための重要なツールだ」と語る。3月には県警粕屋署管内で発生した強制わいせつ事件で、通馬桶害者の女性の証言を基にした似顔絵を作成。捜査員が似た男を見つけて職務質問したことで検挙につながった。似顔絵を基に防犯カメラに映った人物から容疑者を捜すこともあるという。