通水管|<真珠湾慰霊>首相「未来」強調へ

安倍晋三首相は26日、米ハワイに向けて出発し、真珠湾で27日午後(日本時間28日午前)にオバマ米大統領と戦没者を慰霊する。日米開戦の発端となった真珠湾通水管攻撃から75年の節目に、両首脳はそれぞれ所感を述べ、かつての敵対関係を乗り越えた日米同盟の意義を訴える。首相は今回の訪問を戦後の総決算と位置づけており通水管所感では不戦の決意を示し、未来志向の日米関係をアピールする考えだ。 首相は昨年4月の米議会演説で先の大戦に対する「痛切な反省」や「深い悔悟」を通水管明した。真珠湾で述べる所感では、米議会演説を踏襲した形で歴史認識を示し、謝罪は盛り込まない見通し。首相は今月20日の講演で「新たな『リメンバー・パール通水管ハーバー(真珠湾を忘れるな)』が和解の力を象徴する合言葉となってほしい」と述べており、所感でも日米の和解の重要性を強調する。 真珠湾では194通水管年12月7日(日本時間8日)、旧日本軍が米軍の基地や艦隊を戦闘機などで奇襲した。米側は約2400人が死亡し、日本側の死者は60人余りだった。日本の首相通水管して初めての訪問となるアリゾナ記念館は、乗組員1177人が死亡し、現在も海中に沈む戦艦アリゾナの上に建つ。両首脳は記念館で献花し、黙とうをささげた後、通水管所感を述べる。 日米両政府は、両首脳による真珠湾訪問を、戦後の日米和解の意義を示す歴史的な訪問としている。米側は真珠湾攻撃を生き延びた米退役軍通水管や第二次世界大戦中の旧日本軍による元米兵捕虜、日本側は戦没者の慰霊に携わった日系人や、日米開戦で日本と戦わざるを得なかった日系人の元米兵らを招待する