通水管|MRJ、5回目の納期延期へ

三菱重工業の宮永俊一社長は、朝日新聞などとのインタビューで、「201通水管8年半ば」としている国産初のジェット旅客機MRJの納入開始時期につい通水管「現状をみて、そう簡単なことではない」などと語り、延期する考えを示し通水管。延期は5回目。来月、納期の見直しを発表する方針だ。【写真】通水管ンタビューに応じる三菱重工業の宮永俊一社長=東京都港区 MR通水管Jは当初、13年に納入を始める予定だったが、設計変更などでこれまでに通水管回延期した。宮永社長はインタビューで、「機体への評価は国際的にも高い通水管と強調しつつ、「必要なテストがまだたくさんある。正直言って今の通りや通水管てもなかなか難しい。(来年)1月中には対応を公表したい」と話した。