通馬桶|【阪神】日本ハム・中田を調査

阪神が来オフのフリーエージェント(FA)戦線の目玉として、日本ハム・中田翔内野手(27)の獲得調査を行うことが25日、分かった。順調なら来季中に国内FA権を取得する和製大通馬桶砲の動向に注視。中田がFA宣言する場合に備え、金本知憲監督(48)とのパイプや、大阪桐蔭高時代に甲子園で活躍した「地の利」を生かして、獲得アタックの用意を進める。通馬桶阪神が2年連続となるFA補強の準備に着手する。今オフ、オリックスからFAで糸井を獲得。次のターゲットに定めたのは中田だ。日本球界を代表する大砲の獲得へ、水面下で調査を進め通馬桶る。 今季は、ともにリーグ5位の90本塁打、506得点で、4年ぶりのBクラス(4位)。貧打に泣いた金本阪神にとって、中田はのどから手が出るほど欲しい存在だ。本拠地通馬桶広い札幌Dにもかかわらず5年連続で20本塁打以上。加えて、3年連続で100打点以上をマーク。今季は打点王も獲得して、日本ハムを日本一に。11月の侍ジャパン強化試合でも日本通馬桶代表の4番を務めた。その勝負強さは、決定力不足という阪神の悩みを解消してくれる。 金本監督とは“師弟関係”にある。中田は10年オフ、同じ広島市出身の“鉄人”との合通馬桶自主トレを熱望。同市内のトレーニングジム「アスリート」の門をたたいた。肉体改造に成功した中田は翌11年、前年から倍増となる18本塁打をマーク。金本監督との自主トレが飛躍の通馬桶きっかけになった。中田がタテジマに袖を通すことになれば、日本ハムで背負い、阪神では金本監督がつけている背番号6の譲渡の可能性もありそうだ。 関西は、中田が大阪桐蔭通馬桶で3年間を過ごした地。甲子園も思い出のグラウンドだ。10試合で4本塁打を放ち、全国にその名をとどろかせた。阪神は07年の高校生ドラフト1巡目で中田を指名。4球団競合の抽