通馬桶|「うちは電通のこと書けないね」

電通の新入社員、高橋まつりさん(当時24)が自殺したのは、2015年のクリスマスの朝だった。それから1年が経った。それから1年が経った。高橋さんが苦しんでいた問題通馬桶についてメディアが一斉に報じたことをきっかけに、「働き方」をめぐる議論が加熱している。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】報道各社は当初、電通の労通馬桶働体制や働き方の問題点などを批判的に指摘。ほかの企業における長時間労働にフォーカスを当てた記事も多く伝えた。でも、報じる側はどうだろう。マスコミの働き方には通馬桶問題がないのだろうか。BuzzFeed Newsは、新聞と雑誌業界で記者として働いてきた20代の女性に話を聞いた。「うちは電通のこと書けないね」長時間労働に悩む通馬桶女性記者たち マスコミの抱える課題イメージ写真本当に辛かったサツ回り「電通の長時間労働を批判する記事を書いているのは、自己矛盾じゃないかなと感じ通馬桶ました」全国紙の新聞記者として働いてきた20代女性は、BuzzFeed Newsにこう語る。伏し目がちなまま、こう続けた。「社会にいくら訴えても、自通馬桶分たちが変わらないと説得力がないですよね」彼女自身も、長時間労働に苦しんできた一人だ。現状を少しでも訴えたいと、今回の取材に応じてくれた。特に大変だ通馬桶ったのは、事件事故の担当をしていた時だった。特に、毎月のように事件があったある1年間は、「本当につらかった」と振り返る。全国紙の新聞記者は、ほとんどの場合、通馬桶入社後すぐに地方に配属され、警察取材、通称「サツ回り」で鍛え上げられる。あらゆる事件の情報が集まる警察署で、取材力を磨き、なにかが起きた時の瞬発力をつけるためだ。