通馬桶|「離婚しなければ次の選挙で応援しないと…」

やまぬ批判「まだ宮崎と生活を共にしているのか」森下 早速ですが、今年冒頭、いろいろありました。雑誌やほかのメディアでも金子さんが振り返っていたり、どうい通馬桶った政策に活かしていくかなど語っていらっしゃいましたが、もう少し今日はふみこんでお答えいただけると嬉しいです金子恵美議員のインタビューを動画で見る通馬桶金子 はい、わかりました。森下 まずは宮崎元議員の問題がありました。ご自身としてはどのように心の中で整理していま立ち向かっているのか、議員活動を続けて通馬桶るのか。家族として一緒にいるのか、どういった心の整理をつけて、いまに至ったのでしょうか金子 宮崎のことで世間を大変お騒がせしましたし、宮崎の地元の選挙区通馬桶の京都の皆さんにも補選ということで、応援していただいた気持ちを裏切るかたちで終わったことも本当に申し訳なくて。でも夫婦ですから、夫婦でともに批判を、今回通馬桶一連の報道を通してしっかりと受けとめていかないとならないと思っています。また、宮崎自身は議員辞職ということで彼なりのけじめをつけたと思うのですが、まだ皆さんの中通馬桶にはあのことを、「議員辞職」という形で終わったままでいいのか、と。私は議員として活動していますから、私の地元の方からは、正直、宮崎とまだ生活を共にしていることに通馬桶しての批判をいただいています。ただ、私自身は宮崎が議員辞職ということでけじめをつけたときに、人は誰でも間違いを犯すと思うし、過ちを犯すと思いますので、そ通馬桶れを真摯に言い訳せずに認めて生まれ変わっていこうとしているのであれば、そういう人間を私はやっぱり手を差し伸べたいと思いますし、見守っていきたいと思っています。