通水管|安倍首相、真珠湾で戦没者の慰霊へ

安倍首相は、27日午前、真珠湾で戦没者の慰霊を行うため、アメリカ・ハワイに到着した。安倍首相は「通水管戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない。この未来への思いを、誓いを、そして、和解の価値を、オバマ大統通水管領とともに、世界に発信したいと思います」と述べた。安倍首相は、26日午後9時すぎ、羽田空港をあと通水管にし、27日午前、ハワイに到着した。このあと、アメリカ兵が眠る国立太平洋記念墓地や、「えひめ丸」通水管の慰霊碑に献花を行うことにしている。また、日本時間の28日午前には、2017年1月に任期が終了す通水管オバマ大統領と、最後の首脳会談を行う予定で、安倍首相は、「2人で強化してきた同盟の価値を、世界に発信通水管したい」と意気込みを語った。そのあと2人で、太平洋戦争の発端となった、真珠湾攻撃での犠牲者を追悼通水管するアリゾナ記念館を訪れ、所感を表明する予定。日米首脳が、ともに真珠湾で戦没者を慰霊するのは初め通水管てのことで、5月の被爆地・広島訪問と併せて、日米の「真の和解」を象徴する、歴史的な節目としたい考え