通水管|川西市女性暴行死 異様な集団生活の実態

兵庫県川西市で3年前に女性が暴行され死亡し、24日に新たに男女4人が逮捕された事件。取材を進めると、奇妙な集団生活の実態が見えて通水管きました。24日、傷害致死の疑いで逮捕された田口恵子容疑者(32)と内縁の夫の下地道嗣容疑者(34)ら4人。2013通水管10月、兵庫県川西市の住宅で同居していた肥後恭子さん(当時25)を棒などで殴って死亡させた疑いが持たれています。当時、同居し通水管いた肥後さんの兄(29)が「1人でやった」と供述したため、警察は兄を単独犯として逮捕。兄は懲役5年の実刑判決を受けて、今も服通水管しています。一旦は終わったはずの事件。しかし、警察へのある相談をきっかけに大きく動き出しました。「知人が支配通水管下に置かれて自由を奪われている。変な共同生活をしている」今年7月、田口容疑者らと同居していた20代の女性の話を聞き、不審に思通水管た知人が女性と一緒に警察を訪問し相談。本格的な捜査が始まりました。【記者リポート】「田口容疑者と下地道嗣容疑者が通水管らしていた自宅です。ここ以外にも町内に複数の家を借り、十数人が行き来する異様な集団生活が行われていました」警察によると、田口通水管疑者と下地容疑者は8年ほど前に内縁関係になり、同居を開始。そこに肥後さんや兄が加わり、6年ほど前から集団生活が始まりました