通水管|空中給油、6日に再開

在日米軍が、沖縄県名護市沖の不時着事故を受け停止している新型輸送機オスプレイの空通水管中給油訓練について、6日から再開する方針であることが分かった。 政府関係通水管者が4日、明らかにした。防衛省沖縄防衛局が5日、沖縄県など関係自治体に説明する。通水管 米軍は、オスプレイの機体には問題がないとして、先月19日に飛行を全面再通水管開。さらに、今月上旬の空中給油訓練再開の意向を日本政府に伝えていた。沖縄県はオス通水管プレイの飛行停止や県内配備の撤回を求めており、事故につながった訓練を再開すれば、通水管県側が反発するのは必至だ。 米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のオスプレイ通水管は昨年12月13日、名護市沖で不時着事故を起こし大破。米軍は空中給油の訓練中、乱通水管気流によりプロペラが給油ホースに接触し、損傷したことが事故原因だとしている。