通水管|北日本の日本海側や北陸で暴風雪続く 今週末は西日本

気象庁は12日05:02、「暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第6号」を発表しました。北日本の上空約5000mには強い寒気が流れ込んでおり、日本付近は北日本を中心に強い冬型の気圧配置となっています。この強い冬型の気圧配置は、あす1通水管3日も続き、14日から15日ごろには北日本の上空にさらに強い寒気が流れ込み、東日本から西日本の上空にも寒気が流れ込むため、冬型の気圧配置がさらに強まる見込みです。きょうは北日本の日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、猛ふぶきとなる通水管ころがあり、海は大しけとなる予想です。猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害や暴風、高波に警戒が必要です。また、この強い寒気の影響で、今週末は西日本・東日本の太平洋側でも雪が降り、積雪となるおそれがあります。地元の気象台が発表する警報や注意報、気通水管情報に留意するようにしてください。■気象概況【最大瞬間風速】・秋田県  八森    27.0m/s 西北西(11日23:51)・山形県  飛島    26.5m/s 北西 (11日00:58)・檜山地方 江差    2通水管.0m/s 西北西(12日03:31)・青森県  八戸    25.8m/s 西  (11日12:44)【積雪の深さ】(12日04:00) ・青森県  酸ケ湯   237cm・山形県  肘折    176cm・上川地方通水管朱鞠内   172cm【24時間降雪量】(12日04:00)  ・山形県  肘折    65cm・山形県  尾花沢   58cm・新潟県  十日町   57cm・青森県  酸ケ湯   47cm・新潟県  守門   通水管45cm■今後の予想【最大風速】(12日) ※( )は最大瞬間風速・北海道地方:20m/s(35m/s)・東北地方 :20m/s(30m/s)・北陸地方 :18m/s(30m/s)【波の高さ】(12日)・東通水管地方      :6m・北海道地方、北陸地方:5m【降雪量】(~13日06:00/多い所)・北陸地方 :90cm ・東北地方 :80cm・北海道地方:50cm ※あす13日以降も降雪量がさらに多くなる見込み。ま通水管あさって14日から15日頃には北日本から西日本の広い範囲で日本海側を中心に大雪、西日本・東日本の太平洋側でも積雪となるおそれ。■防災事項・警戒:猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、大雪による交通障害、暴風、高波・注意:なだれ