通水管|18歳の女子高生の首を絞めて殺害した疑い

21日、愛知・武豊町のホテルで、18歳の女子高生の首を絞めて殺害したとして、2通水管4歳の会社員の男が殺人の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、大府市の会社員・通水管上野太樹容疑者(24)。上野容疑者は21日正午ごろ、武豊町のホテルの客室で通水管名古屋市天白区の高校3年の女子生徒(18)の首を絞めて殺害した疑いが持たれてい通水管る。上野容疑者は、女子高生を殺害したあと、屋上に潜んでいたが、ホテルの従業通水管が女子高生がベッドで倒れているのを見つけ、通報でかけつけた警察官が逮捕した。通水管調べに対し、上野容疑者は「殺そうと思って殺したことは間違いありません」と容疑通水管認めているという。上野容疑者は、女子高生と交際していたとみられ、20日夕方通水管、2人でホテルに入ったという。警察は、くわしい動機などを調べている。